• ボタン:知る
  • ボタン:学ぶ
  • ボタン:参加する
  • ボタン:相談する
  • ボタン:組織・事業について

生活困窮者自立支援事業

イメージイラスト

近年、社会や経済環境の変化によって、生活に困窮される方や生活保護を受ける方が増加しています。こうした生活困窮状態にある方を支援していくため、平成27年4月に『生活困窮者自立支援法』が施行されました。
 北方町社会福祉協議会では、県からの委託を受け相談窓口を開設し、『生活困窮者自立相談支援事業』に取り組んでいます。家計が破綻した、なかなか仕事が見つからない、離婚して住む家を失った、家族が引きこもっている…など、専門員がお話をお伺いしながら、一人ひとりの状況に合わせた支援計画を作成し、他の専門機関と連携し、問題解決に向けた支援を行います。

対象者
「お金が無くて生活が苦しい」「家族が引きこもりや不登校で心配」「社会から孤立した生活を送っている」「仕事が決まらない」など、生活に困窮されている方
支援内容
来所による相談、ご家庭への訪問支援も行います。お話をお伺いし、他専門機関と連携し、自立に向けた計画を立て継続的に支援します。
申し込み方法
以下の「北方町社会福祉協議会」または「生活支援相談センター」へご連絡ください。

トップへ戻る