• ボタン:知る
  • ボタン:学ぶ
  • ボタン:参加する
  • ボタン:相談する
  • ボタン:組織・事業について

いきいきまどか介護教室を開催しました!

2019年07月02日

6月26日(水)に「いきいきまどか介護教室」を開催しました。
今回は北方町保健センターの山口様に『熱中症と脱水』についてお話していただきました。
全国で1年間に熱中症になる人は約10万人もいること、人間の身体からは1日2.5Lもの水分が出て行くこと、熱中症の発生場所は屋外よりも住居内が多いことなどをクイズ形式で学びました。高齢者は若い人に比べて体内の水分量が少なく暑さやのどの渇きを感じにくいといった特徴があり、特に注意が必要です。
熱中症を防ぐには、こまめな水分補給(一度に大量に飲むのは避ける)、室温や体温をチェックしてエアコンや扇風機、帽子や日傘を活用することが大切で、頭痛や吐き気、けいれん、呼びかけに対する返答がおかしい、まっすぐ歩けない、意識が無いなどの症状がみられたら熱中症を疑い、症状が軽いうちに早めに対応して、それでも症状が改善しない場合には医療機関を受診するようにしましょう。

 

次回は7月24日(水)(午後1時半~2時半)『認知症について」をテーマに開催を予定しています。参加ご希望の方は、いきいき支援センターまどかまでお申し込みください(電話:320-1515)
参加は無料ですが、事前申し込みが必要です。北方町内であれば送迎もいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

お知らせ一覧を見る