新しい取組

新型コロナウイルス対策事業

新型コロナウイルス感染症対策事業方針

新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

 新型コロナウイルス感染症対策のため、事業内容によっては延期や休止をしておりますが、感染対策をしながら行なっている事業もあります。どのように行なっているのかご紹介します。

職員研修で学ぶ

ホームヘルパーステーション 訪問時の感染対策

利用者の中にはお一人で生活されている方もみえ、介護の現場は休むことができません。
感染対策をしっかり行ない訪問をしています。


デイサービスセンター 感染対策

障がい福祉サービス事業所もちの木 感染対策

 朝、昼に検温を行ない、体調管理をしています。マスク・手指消毒を行ない、また利用者同士の間隔を保ち、パーテーションを設置して飛沫感染対策も行なっています。

認知症カフェまどか 感染対策

 『認知症カフェまどか』は、月・水・金曜日の13時半よりいきいき支援センターまどかで開催しています。
 参加される方に検温、手指消毒、マスク着用をお願いし、間隔を保ちながら体操やレクリエーションを行なっています。参加後は、使用した椅子の消毒を行なっています。

男性料理教室 感染対策

 9月より『男性料理教室』を開催し、検温・手指消毒・マスク着用で料理を作りました。今まで1テーブル4、5名で食事をしていましたが、コロナ感染対策として1テーブル2名で食事をしました。